Home » プログラミング超入門・C#編 » C# exercises (2) Event-driven

C# exercises (2) Event-driven

イベントドリブンとは

「キーボードのボタンが押された」とか「マウスが移動した」等の、 コンピュータ上で発生するなんらかの事象のことをイベント(event)といい、 イベントが発生したときに行う処理のことをイベント ハンドラー(event handler)と呼びます。 このように、イベントとそれに対する処理により動作するようなプログラムのことをイベント駆動型(event drive)プログラムと呼びます。

課題:ボタンクリックでメッセージボックス に表示

デザインの作成

ツールボックスの中から、Buttonを選択して、Form1に貼り付ける
スクリーンショット 2016-04-14 16.57.10

ボタン名の変更

スクリーンショット 2016-04-14 16.57.57
プログラムの作成
ボタンをダブルクリック(ダブルクリック: マウスの左ボタンを2回連続で押す)

少しずつ入力すると命令が表示されるので、Mesまで入力して、MessageBoxを選択しましょう。

スクリーンショット 2016-04-14 17.00.14
MessageBoxのあとは、「.」 (ドット)を入力、関数「Show」を選択して、(” “); を入力
 スクリーンショット 2016-04-14 17.01.00

完成したコード

using System;
using System.Collections.Generic;
using System.ComponentModel;
using System.Data;
using System.Drawing;
using System.Linq;
using System.Text;
using System.Threading.Tasks;
using System.Windows.Forms;

namespace test1
{
    public partial class Form1 : Form
    {
        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }

        private void button1_Click(object sender, EventArgs e)
        {
            MessageBox.Show("Hello world");
        }
    }
}
*注意:( ” “) ; は全角(漢字)にしてはいけません。全角(漢字)の文章を入れた場合、かならず半角に戻して入力しましょう。
実行してみる
 スクリーンショット 2016-04-14 17.06.18
フォームの表示

ボタンをクリックすると、あいさつメッセージが表示

プロジェクトのパス

c:\Users\chen\documents\visual studio 2015\Projects\test1


1 Comment

Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Categories

open all | close all
Skip to toolbar