Home » Java算法とデータ構造 » 10.String Searching

10.String Searching

文字列を検索する – indexOf/lastIndexOfメソッド

文字列に含まれる部分文字列を検索するには、indexOfメソッドを利用します。indexOfメソッドは、指定された部分文字列が最初に登場した位置を、文字列の先頭を0としたインデックス番号で返します。文字列が見つからなかった場合、戻り値は-1となります。
第2引数で、検索開始位置を指定することもできます。

1
2
3
String str = "にわにはにわにわとりがいる";
System.out.println(str.indexOf("にわ"));  // 結果:0
System.out.println(str.indexOf("にわ", 1));   // 結果:4

部分文字列を文字列の末尾から検索するならば、lastIndexOfメソッドを利用してください。

1
System.out.println(str.lastIndexOf("にわ"));  // 結果:6

match() 正規表現を使った検索

 正規表現を使って、文字列(String)を検索します。結果は文字列の配列として返されます。
【構文】
match(str, regexp)
【パラメータ】
str 検索対象の文字列
regexp 検索条件をあらわす正規表現
【戻り値】
String[] (一致する文字がないときはnull)

 次の例は文字列からデータを取り出します。

String t = "本日の気温は28度です";
String[] m = match(t, "([0-9]+)度");	// 「度」の前の数値を取り出す

if(m != null) {
  println("t=" + m[1]);				// 検索結果(m[1])を出力
  println(m[0]);						// 一致した文字全体(m[0])を出力
} else {
  println("不一致");
}

 

参考:


Leave a comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Categories

open all | close all
Skip to toolbar